立春

数年前から節分と立春は埼玉県秩父市の三峯神社にて過ごすことが恒例になっています。今年も行ってきました。

きっかけは友人が住んでいる近くの長瀞の紅葉をライン下りをしながら観ようと行ってみたときに観光案内所でみたパンフレットに三峯神社が載っていて行ってみたことでした。

確か11月、私たちが到着したのは15時頃で参拝するにはギリギリの時間、冷え込んでいて夕方急に霧も出てきてとても幻想的でした。
立派な神社で素敵だな、それにしても狛犬が筋肉質なのが気になり近くの売店のおばちゃんに聞いてみると、こちらのご眷属様はオオカミだと。
なるほど、それであんなにムキムキなのね。

家に帰ってから調べてみると沢山面白い話が出てきた中で「ご眷属拝借」というご祈祷をしていただけると知り、せっかくだから暦の上で季節が変わる立春にご祈祷していただこうと思いこの恒例のご祈祷旅行が始まりました。

節分の日には節分祭が行われていて、奇祭と呼ばれる「ごもっとも祭」が執り行われます。今年は節分の日は友人宅に泊めてもらったので節分祭には向かわなかったのですが、また来年は行きたいな。

そして本日、立春。
朝8時過ぎ、友人宅を出て電車とバスを乗り継ぎ11時半、三峯神社に到着
今年は暖冬で雪もほぼ無く本日も快晴、素晴らしい天気に恵まれ参拝させていただけました。

受付を済ませ、12時半ごろからご祈祷をしていただきました。
私がお願いした「ご眷属拝借」というのはこちらのご眷属のオオカミ様を一体1年間拝借させていただくというもの。
1年間自宅にお招きし、見守っていただきます。そして1年後にお返しするというもの。
今回は昨年から拝借しているオオカミ様をお返しし、新たなオオカミ様を拝借するご祈祷です。

私はスピリチュアル系は肯定も否定もしない立場なんですが、ご眷属様を拝借し、いつも見られているという気持ちで日々過ごすことで、身を正すきっかけ?口実?に良いと感じています。
神棚もあり、毎朝忙しくてもお供え物を用意しお参りをするのが決まりごとになると部屋も汚いままではいけないと感じるし、些細なことでも人に見られて恥ずかしいことはしないようにと気を付けるきっかけになっています。

お昼のご祈祷にも関わらず、やはり山の上にある神社で神殿もフルオープンなので凍えるほど寒かった。
私はご祈祷中、他の方々が体験するような“何か見える”的な事がないかなぁなんて必死に感じようとしていたのですが、やはり何事もなく、滞りなく終了。
ただ、いつも何かを見てしまう友人はご祈祷中にまた何やら見えたらしく…実感がある方って羨ましいな、なんて。

ご祈祷後は芯まで冷えた体を温めるべく併設の旅館内の温泉に浸かって来ました。神社の境内の中にある珍しい温泉旅館。
そこで温泉に浸かることは禊の意味にもなるそうです…私は何より暖が取れて最高でした。

バスの時間まで余裕があるので昼食をとって帰ることに。
秩父はわらじカツが有名ですが今回はしゃくし菜ご飯とこんにゃくの田楽をいただきました♪

そして西武秩父駅では昨年食べて美味しさに感動したジェラート‼
今日は秩父錦と秩父ルージュのダブルで♡寒さをこらえながら、でもジェラートはやはり美味しかった。
無事で1年間過ごし、また来年も参拝してジェラート食べたいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です