モノテルペン炭化水素類

精油は大きくテルペン系・芳香族・脂肪族の3タイプと官能基との組み合わせによって特徴を大まかに区別出来ます

多くの精油に含まれますが樹木系・柑橘類果皮から採られる精油に特に多く含まれています
その他テルペン系を骨格に持つ芳香性分子は非常に多いためアロマテラピーの化学を学ぶ上ではとっても重要な存在です

テルペン系化合物はまず基本骨格のイソプレンを理解する必要があります

分子式はC₅H₈
分子量 12×5+1×8₌68

イソプレンは上記のように表され、通常は単独では存在せず2個以上が結合して存在しています
結合しているイソプレンの数によって名前が異なります

・モノテルペン →イソプレン×2個
  (C₅H₈)₂ → C₁₀H₁₆ 分子量 136
・セスキテルペン→イソプレン×3個
  (C₅H₈)₃ → C₁₅H₂₄ 分子量 204
・ジテルペン  →イソプレン×4個
  (C₅H₈)₄ → C₂₀H₃₂ 分子量 272

モノテルペン炭化水素類はイソプレン骨格が2つ結合していて分子量が136と小さいです。
分子量が小さいということは揮発性が高く、皮膚への浸透もしやすいと考えられます。

公表されているモノテルペン炭化水素類の主な作用
鬱滞除去作用+++
抗炎症作用+++
コーチゾン様作用+++
 (糖質コルチコイドが分泌された時と同じような働きで
 アレルギーを抑える働きがある)
抗ウイルス作用+++
抗菌作用++

多くの樹木系の精油に含まれていることから想像できるように
鬱滞除去の作用が有名です
樹木は太い幹の上の方まで、たくさんの枝の先まで根から吸い上げた水分を行き渡らせる力が必要です。
水分を押し流す力があるので、脚が、体がむくんでしまった…なんていう時に助けてくれる強い味方です!

体内の水分が滞ると老廃物が溜まってしまいます
体内の水分・血流を良くすると身体を流れる水分はいつもキレイな状態で保たれます。流れって大事ですよね

それから抗ウイルス・抗菌作用
昔からヒノキのお風呂やまな板がありますね、抗菌効果を狙ったものです
家も木造(別の理由もありますが)やタンスも桐
昔の人は樹木の持つ芳香成分も理解して使っていたんですね

モノテルペン炭化水素類に含まれる芳香分子の固有作用とその分子を含む精油の例

δ-3-カレン
 鎮咳作用
 アカマツ・ヨーロッパ、サイプレス、バルサムモミ、
 ブラックスプルース、ペッパー…

リモネン
 肝臓強壮・腎臓刺激・蠕動運動促進
 アカマツ・ヨーロッパ、フランキンセンス、リトセア、
 レモンバーベナ…

d-リモネン
 肝臓強壮・腎臓刺激・蠕動運動促進・血圧降下
 オレンジ・スィート、ベルガモット、レモン…

α-ピネン
 強壮作用
 アカマツ・ヨーロッパサイプレス、ジュニパー、
 ブラックスプルース、フランキンセンス…

β-ピネン
 強壮作用
 アカマツ・ヨーロッパ、クミン、タナセタム、ネロリ、パイン、
 バルサムモミ、ペッパー…

α-テルピネン、γ-テルピネン
 静脈強壮・鬱滞除去
 オレガノティートゥリー

p-サイメン
 鎮静作用(経皮による)
 オレガノ、クミン、タイム・チモール…

アロマテラピーを知らない方でもα-ピネンという言葉は聞いたことがある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか
よく森林浴の時に感じる成分といって紹介されることもあります
森に行ったときに感じるあの清々しい香りはα-ピネンが含まれている事が多いです。私たちは知らず知らずのうちに名前や効能は知らなくても香りは嗅いで経験しているんですね

モノテルペン炭化水素類を含む精油は本当に多い
そして全体的に癖が強くなくて使いやすく、鬱滞除去作用があるのでむくみやすい女性にはうってつけ
血液や体内の水分の滞りは万病の元だと思っているから、しっかり流れを整えるのに活用していきたい分類ですね

かぶ

私の大好きな野菜、カブ

根も葉も美味しくて栄養も豊富なカブをご紹介

カブはアブラナ科の野菜でキャベツやブロッコリー、小松菜などと同じ仲間です。なんとなく似たような味っていうのが分かりますよね。
私はこのアブラナ科の野菜が大好きなんです

特徴的なのは味でもわかるちょっとした辛味、これはイソチオシアネートという成分。消化機能を高めてくれるのと、殺菌効果もあるといわれています。
それより有名なのがイソチオシアネートは発がん物質の毒性を解毒・排出する作用がありがん予防に効果があるといわれています。また免疫力を高めてくれてがんだけでなく多方面に予防をする力をつけてくれます。

根にはカリウム、ビタミンC、食物繊維

カリウムはむくみ予防によく知られた成分ですね、ビタミンCも食物繊維も。

特筆すべきはジアスターゼが含まれていること
デンプンを分解する酵素で消化を助け胃もたれや胸やけの防止になります。
(私は食べすぎてよくお腹を壊します。このジアスターゼは結構強力なんです)
酵素ですので加熱すると力を失くしてしまいます。この分解酵素の力が欲しい場合は生で食べることをお勧めします
カブは生でもサラダにして美味しくいただけますが、ドレッシングなどでカロリーを摂りたくない方は大根にも同じジアスターゼが含まれていますので大根おろしを食べるのも良いですね

葉にはβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維

β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用がありがん予防やアンチエイジングに期待ができます。カルシウムもしっかり入っていますので日常的に食べて骨粗鬆症の予防にもしたいところですね

また鉄分や食物繊維も豊富ですので貧血や便秘予防など日常的な不調に対応するために積極的に摂りたい野菜の一つと言っていいと思います。

根の部分は煮物にすることが多いですが、味もしみやすくてお料理初心者でも大根に比べて簡単に美味しく仕上がります。

今回は葉の活用のご紹介
今夜は鮭の身と併せてチャーハンにしました

カブの葉だけだと苦みが前面に出てしまうので脂を含んだ食材と一緒にするのがオススメです。豚ミンチを使う事が多かったですが鮭は脂がのっていてオメガ3を摂るのにも有効的です。
焼いた鮭をほぐしながら刻んだ葉とご飯と一緒に炒めるだけ。味付けも鮭に塩味があるので少しの塩と胡椒だけで十分美味しいです。

時間も費用もかからず美味しく美容に良いメニュー
もっとみんなカブを活用してほしいなぁ

りんご

私は普段からできるだけ果物を食べるようにしています
沢山でなくても、毎日でなくても

一番好きなのは「もも」ですが冬になるとミカンが増えてきますね
そして最近食べる機会が多いのが「りんご」

嫌いじゃないけど、特段好きでもない。
小さいころから日常にありすぎてほぼ何の感情も沸かないほど定着している、それがリンゴ

昔から
・リンゴが赤くなると医者が青くなる
・リンゴを食べれば医者いらず
などと言われ
ドラマや映画では病室での差し入れの定番など健康に良いんだな…な雰囲気を出してくるリンゴ
実際に本当に健康に良いんですよ

美肌にリンゴ!
シミ・そばかすの原因となるメラニン色素は活性酸素などにより生成されますがりんごに含まれるプロシアニジンなどのポリフェノールには強い抗酸化作用があり、活性酸素を減らす働きがあると認められています。
活性酸素を減らすことはシミ・そばかすだけではなく、アンチエイジングにも効果的なのでぜひ摂りたい栄養素の一つ

疲労回復にリンゴ!
酸っぱい成分「クエン酸」は柑橘類のイメージが強いですが実はリンゴにも多く含まれています。
クエン酸回路という仕組みの中心的成分で体内でエネルギー代謝を行っています。このクエン酸回路が働くことで疲労物質の分解が行われています。

リンゴは全体の約8割以上が水分で程よく糖分も含んでいるため水分補給をしながらクエン酸などの疲労回復成分も一緒に補給できる便利な果物なんです、風邪などで食欲がなくても「すりリンゴ」などにして食べるのも有効ですね

口臭にリンゴ!
実は気づいていなくても口臭がなかなかキツめの方、結構いらっしゃるんですよね。
口臭の原因の一つに「アリシン」というにおい成分があり、リンゴ酸にはこのアリシンを分解する作用が認められています。

※アリシンとはニンニクや玉ねぎなどに含まれるにおい成分。強力な殺菌力や食中毒予防効果があるなど有効な成分ですが、においだけで考えると、口からしてくるとなかなか嫌な香りですよね…
リンゴ酸の効果だけでなく食物繊維が歯や口内の掃除をしてくれたり水分が入ることだけでも口臭には好影響ですよね

ダイエットにリンゴ!
リンゴは1個300g程度とすると約180kcal程
食物繊維の中でもペクチンという水溶性食物繊維が豊富です
水溶性食物繊維は善玉菌である乳酸菌などのエサとなり腸内環境を整える効果が期待できます。
単純に食物繊維が腸を刺激するだけでも便秘対策にもなりますよね
腸内が整うと最終的に美肌にも繋がります☆

コレステロール値の低下にリンゴ!
上記のペクチンにはコレステロール値を下げる作用も認められているそうです。食物繊維であるペクチンは胃や小腸で吸収されずに大腸まで届きます、そこで大腸内の余分な油・コレステロールを吸着し便として排出してくれるのです。

むくみにリンゴ!
約80%以上が水分のリンゴですが、カリウムが豊富に含まれていて、体内に溜まった余分な水分・塩分の排出を促してくれます。
カリウムで有名なアボカドもありますがリンゴも定期的に摂取するのもオススメです

ちなみにりんごの栄養成分は皮におおく含まれていますので皮ごといただきましょう。
私はポリフェノールによる変色防止に浸ける食塩水の味が少し残っているのがリンゴの甘みと相まって好きなのですが、あの塩味が好きではない方もいらっしゃるようで
変色防止で砂糖水やはちみつ水に浸す方もいらっしゃると最近知り、そんなやり方もあるのかとびっくり。まぁ美味しいでしょうから今度試してみます

小豆粥

春の七草がゆに続いて小正月の1月15日には小豆粥を食べる風習がありますが…イマイチあまり盛り上がってないですよね。
七草はパック詰めされて売り出されているのに、小豆は自宅で炊くのに時間がかかるから浸透しないのかな?

小豆には特に女性に嬉しい栄養や作用があるので積極的に取りたい食材の一つだと思います。そして美味しい ^_^

まずは必須アミノ酸をたっぷり含んだ良質なたんぱく質からできていること。
食物繊維・ビタミンB1,B2・ポリフェノール・サポニン・亜鉛・カリウム(なんとアボカドの約2倍)・カルシウム・アントシアニン…

ダイエットに小豆!
まずは食物繊維が豊富。しかも水溶性と不溶性をバランスよく含んでいて腸内環境を整えるのに役立つ
そしてサポニン・カリウムの働きでむくみ解消
ビタミンB群が糖質・資質の代謝を促進させてくれます
でも“あんこ”にするとたくさんの糖質と一緒に食べることになるので糖にはご注意

美肌に小豆!
ポリフェノールとサポニンが抗酸化作用を持っているので細胞の老化防止、シミ・シワ予防に期待
食物繊維でのデトックスやビタミンB2の作用で髪や皮膚の成長を促すことでターンオーバーを正常にし美肌をサポートしてくれます

むくみに小豆!
サポニンとカリウムが入っているので利尿作用があり体内の余分な水分や塩分を排出してくれます。
汗などで一緒に出てしまいやすい不足しがちなカリウムの補給ができるのは嬉しいですね
またサポニンには解毒作用がありアセトアルデヒドの分解にも効果的だそうで飲みすぎた翌日には摂取したいところ

疲労回復に小豆!
ビタミンB群にはエネルギーを効率よく作り出す働きがあり、体内の疲労物質を減らして回復を早め、疲れにくい体にしてくれます。
アスリートが試合前に摂る食事に小豆(あんこ)が選ばれることがあるそうですが非常に理にかなっているのではないでしょうか

生活習慣病に小豆!
食物繊維が多いことで大腸がん・動脈硬化の予防や、小豆は低GI食品なので血糖値の急上昇を防いだりコレステロール値を下げる働きもあります。
その他アントシアニンには血液をサラサラにして動脈硬化を予防する働きやカリウムには血圧の上昇を抑える働きなどもあり、適度に摂取することで生活習慣病対策にもなります、優秀☆

今日は少し甘めの小豆粥にしました
小豆の色や効果で邪気を払い、一年間健康に過ごせるようにとの意味があるそうです。
インフルエンザが流行していても、幸い風邪などには縁遠く過ごせているのでこのまま健やかに春を迎えたいなぁ(まだまだ先か)と思います。