りんご

私は普段からできるだけ果物を食べるようにしています
沢山でなくても、毎日でなくても

一番好きなのは「もも」ですが冬になるとミカンが増えてきますね
そして最近食べる機会が多いのが「りんご」

嫌いじゃないけど、特段好きでもない。
小さいころから日常にありすぎてほぼ何の感情も沸かないほど定着している、それがリンゴ

昔から
・リンゴが赤くなると医者が青くなる
・リンゴを食べれば医者いらず
などと言われ
ドラマや映画では病室での差し入れの定番など健康に良いんだな…な雰囲気を出してくるリンゴ
実際に本当に健康に良いんですよ

美肌にリンゴ!
シミ・そばかすの原因となるメラニン色素は活性酸素などにより生成されますがりんごに含まれるプロシアニジンなどのポリフェノールには強い抗酸化作用があり、活性酸素を減らす働きがあると認められています。
活性酸素を減らすことはシミ・そばかすだけではなく、アンチエイジングにも効果的なのでぜひ摂りたい栄養素の一つ

疲労回復にリンゴ!
酸っぱい成分「クエン酸」は柑橘類のイメージが強いですが実はリンゴにも多く含まれています。
クエン酸回路という仕組みの中心的成分で体内でエネルギー代謝を行っています。このクエン酸回路が働くことで疲労物質の分解が行われています。

リンゴは全体の約8割以上が水分で程よく糖分も含んでいるため水分補給をしながらクエン酸などの疲労回復成分も一緒に補給できる便利な果物なんです、風邪などで食欲がなくても「すりリンゴ」などにして食べるのも有効ですね

口臭にリンゴ!
実は気づいていなくても口臭がなかなかキツめの方、結構いらっしゃるんですよね。
口臭の原因の一つに「アリシン」というにおい成分があり、リンゴ酸にはこのアリシンを分解する作用が認められています。

※アリシンとはニンニクや玉ねぎなどに含まれるにおい成分。強力な殺菌力や食中毒予防効果があるなど有効な成分ですが、においだけで考えると、口からしてくるとなかなか嫌な香りですよね…
リンゴ酸の効果だけでなく食物繊維が歯や口内の掃除をしてくれたり水分が入ることだけでも口臭には好影響ですよね

ダイエットにリンゴ!
リンゴは1個300g程度とすると約180kcal程
食物繊維の中でもペクチンという水溶性食物繊維が豊富です
水溶性食物繊維は善玉菌である乳酸菌などのエサとなり腸内環境を整える効果が期待できます。
単純に食物繊維が腸を刺激するだけでも便秘対策にもなりますよね
腸内が整うと最終的に美肌にも繋がります☆

コレステロール値の低下にリンゴ!
上記のペクチンにはコレステロール値を下げる作用も認められているそうです。食物繊維であるペクチンは胃や小腸で吸収されずに大腸まで届きます、そこで大腸内の余分な油・コレステロールを吸着し便として排出してくれるのです。

むくみにリンゴ!
約80%以上が水分のリンゴですが、カリウムが豊富に含まれていて、体内に溜まった余分な水分・塩分の排出を促してくれます。
カリウムで有名なアボカドもありますがリンゴも定期的に摂取するのもオススメです

ちなみにりんごの栄養成分は皮におおく含まれていますので皮ごといただきましょう。
私はポリフェノールによる変色防止に浸ける食塩水の味が少し残っているのがリンゴの甘みと相まって好きなのですが、あの塩味が好きではない方もいらっしゃるようで
変色防止で砂糖水やはちみつ水に浸す方もいらっしゃると最近知り、そんなやり方もあるのかとびっくり。まぁ美味しいでしょうから今度試してみます