プチグレン

Citrus aurantium ssp. amara
ミカン科、葉、水蒸気蒸留
イタリア、パラグアイ

初めて聞いたとき、名前の印象から小さい粒…何かの種?って思った

オレンジ・ビターの葉の精油だった。。。
由来は諸説あるようで割愛

愛着も何もなかったけど、インストラクターになるにあたっての口述試験のテーマとしてお知らせを受けてから必死になって文献を漁ったのを憶えています。
そして知るにつれて“この精油すごーい、使える~”となり、今ではスタメン入りしてます

写真はミカンね。同じミカン科

柑橘類の精油はどうしても果皮からのものの印象が強いけど、ネロリという同じオレンジ・ビターの花部から採られた精油もあるし、プチグレンのように葉から採られるものもある。ミカン科、大活躍ですね。

こちらは花。ネロリの材料。いい香り♪

主要有効成分
エステル類:
 酢酸リナリル 45-55%
 アントラニル酸ジメチル 微量
モノテルペンアルコール類:
 リナロール 20-30%
 α-テルピネオール 4-10%

成分的には上記にモノテルペン炭化水素類の成分が10-20%程度入っていて、成分表はそんなに複雑じゃない。
特筆すべきは微量含まれるアントラニル酸ジメチル
これはプチグレン、マンダリンくらいにしか入っていない成分
後で触れます。

特性
(神経性の)鎮痙攣作用 ++++
神経バランス回復作用 +++
抗アドレナリン作用 +++
リラックス作用 +++
自律神経調整作用 +++
誘眠作用 +++
抗炎症作用 +++
鎮静作用 +++
抗うつ作用 +++
精神活性作用 +++
瘢痕形成作用 +++
皮膚組織再生作用 +++
抗菌・抗感染症作用 ++
健胃作用 ++

エステル類とモノテルペンアルコール類の特性がしっかり出ていますね~

そして“アントラニル酸ジメチル”の効果!
アントラニル酸ジメチルは「セロトニン性合成に関係の強い抗不安作用」を固有作用として持っています。微量だとしてもこの作用は強く現れます

セロトニンとはハッピーホルモン、幸せホルモンなんて言われたりもする脳内伝達物質のひとつです。
私たちの体温調節や睡眠などの生理機能に関わっていたり、ドーパミンやノルアドレナリンといった感情の情報をコントロールし、神経を安定させてくれる働きを持っています。
実際に“セロトニンの量を増やす”と謳った抗うつ剤が使用されているほど、このセロトニンというものは非常に強い抗不安作用を持っています。

上記の特性とアントラニル酸ジメチル、このプチグレン精油は心身のリラクゼーション目的に使うにはとっても強い味方なんです。
香りの印象も、単体で良い香り~って訳ではない(あくまで私の印象)けど、他の香りを邪魔しないタイプなので、いろいろブレンドしやすい♪

とかく人間は気付かないうちにストレスを感じ、それが体調に現れるものです。
この精油の適用例に下記のものがあります

主要適用例
自律神経失調症、化膿性ニキビ、痙攣性の咳、神経が原因の筋肉痙攣、発汗過多、興奮・動揺、不眠症、精神的疲労、頻拍、不整脈、期外収縮、胃痛、胃酸過多、月経困難症、湿疹・・・

上記、原因は神経性の疲労、ストレスなんですよね。
ストレスが緩和されれば上記の身体に現れる不調も改善されていくはず。(他の病気が原因で同じような症状が出ている場合は違うでしょうが)

なにはともあれストレスは現代社会を生きていく上で絶対になくならないもの、うまく付き合っていかなくてはならないものなので、そのコントロール力がカギを握ります。
気付かずに忍び寄るストレスは、自分でも気づかずに対処できるよう、精油を上手く使っていくのも一つの手ではないかな。

ちなみに・・・
オレンジ・ビターではないけれど同じミカン科ミカン属のコブミカンの葉、バイマクルーという食材があります。

これ、バイマクルー。コブミカンの葉

原産はタイやマレーシア
ハーブとして使われていて、トムヤムクンのあの爽やかな香りを出しているのがこのバイマクルーだそう。知らなかった~
詳しい成分は調べてないからアントラニル酸ジメチルが入っているかは不明だけど、同じミカン科ミカン属だし、こうやって食で取り入れるのは良いことよね♪
実際にコブミカンの果実はインドネシアでは“薬のミカン”という意味の名前で呼ばれていて果皮から採られる精油には強力な殺虫効果があるそうです。
そして葉には変異原物質に対して強い抗変異原性を示すことが分かっていて発がんリスクを低減させることができると考えられているそうです。興味深い。

山椒もミカン科なんですよ

まぁ、なんにしても堅苦しく考えずに、これは良い香りでさらに自分の美容と健康に良いんだ♪と思って取り入れて無駄なことは考えないのが一番!
良い香りを嗅いで美味しいと感じるものを食べて、良く寝る。
特に生活の自粛が強いられている今、知らず知らずのうちにストレスを抱え、運動不足で心と体が病んでいる方が多いです。
いま、美味しい柑橘類がスーパーにたくさん出ているので助けてもらいましょ♪

山椒の実をよく見るとブツブツしてミニミカンみたいですよね

あ、ちなみにピリリと良い香りの山椒もミカン科ですよ
美味しい食事も大切ですが、食べすぎは良くありません。特に脂っぽい食事の際には胃もたれや消化不良に良いとされる山椒を香辛料として使うのも、デザートにオレンジを食べて消化・蠕動運動促進を期待するのも良いですね。

ネロリ ウォーター

Citrus aurantium ssp.amara
ミカン科 花 水蒸気蒸留

3月頃から新型コロナウイルス影響で外にほぼ出ない生活が始まり、もともと必要時以外は化粧をしない人だった上に更に化粧の必要がなくなった。
人と会うにしてもマスクをするのでノーメイク、外に出ない日は顔さえ洗わない様な日を過ごしている。

そんな中でも乾燥肌なので、保湿だけは気をつかう。
ただ、手はかけたくないのでお風呂上がりの化粧水をネロリウォーターにしている。

アロマテラピー実践者だけど、他の意識高い人のように何でも時間をかけて自作するタイプではないので、普段はもっぱら市販の化粧水。
ただ、外に行かないので化粧水のストックもなくなり、できるだけECサイトも使いたくない(配達していただくとゴミが出るのであまり好きではない)自作できる自分で良かったなぁなんて少し思ったり。

香りの印象からローズマリーウォーターが一番好きだけど、なんだか油分を持っていかれる感じで肌がめちゃくちゃつっぱるので、在庫整理もかねてドライのネロリを蒸留

組成成分
リナロール、α-テルピネオール、フェニルエチルアルコール、テルピネン-4-オール など・・・

精油と同じ成分が入っている場合もあるけど水溶性の成分が含まれているので、同じ植物でも違う性質があって面白いし、何よりハーブウォーターは何もしないで弱酸性なので肌に直接使える事、飲用しても(あくまで自分で作ってるので自己責任)良いので扱いやすいのが好き

推定効能
・収斂作用、肌の引き締め
・中枢神経の鎮静、ストレス緩和
・胆汁分泌促進、消化を助ける

本当は精油のネロリも使いたいんだけど、高価なので、ウォーター自作で我慢

この春、寝付けない日々が続いていたけど、ネロリウォーターを使うようになってからまた安眠生活に戻った感じ。
ネロリのおかげとは言わないけど、実際に気分を落ち着かせる成分が入っているのは事実だから前向きに捉えよう。
良い意味で作用するプラセボ効果は大事だわ。

あと、夜食に柑橘類を食べるのもきっと良い効果。
こちらは実際に油分も含んでるし、体内に入れるから効果も実感しやすい

ネロリは高価なのでいつもは乾燥の花びらを買って使うけど、いつかネロリのお花摘みに行きたいなぁ。今年は果樹園も人の受け入れはしてくれなさそうだから、早くても来年…

それまでにこのウイルスは収まるのか…
不安だけど、今は待つしかないかな

引きこもりの間、少ない物資だけど疲れたお肌の回復にはいい期間だから
ゆっくり休んで美肌に取り組もう♪
ファスティングにもいいかもね~(しないけど ^-^)

【アロマ講座】体質診断から導き出す“今の自分に必要な香り”

どんな講座なの?

生まれ持っての身体の性質(遺伝やいつ何処で生まれたか)と今まで生きてきた中で形成された性格(考え方や動き方)、今の心身の状態を診断し、今あなたに必要な成分を導き出し生活に役立てていく講座です
合うアロマ以外にも取り入れた方がいい食材なども指導いたします

①四体液理論
古代インドのアーユルヴェーダから発祥しギリシャを経由して19世紀頃
まで西洋で広く支持された四体液説 (多血質、粘液質、胆汁質、憂鬱質)
の4種類を人間の基本体液とする体液病理説( humoral pathology)
そこから発展したシュタイナー教育で現在でも使われる気質4分類も使っていきます

人を火・水・風・土の 4大元素になぞらえて分類

②医療星占術
中世ヨーロッパで四体液説と結び付けられ支持された医療星占術(出生時の星の位置がその人の体液の偏りや気質を決定すると考えられ、体調の診断・治療に一般的に利用されてきた)
→これを発展させたエレメントマトリックス理論を使っていきます

12星座を4体質理論に落とし込んで分類

③芳香療法
植物の持つ芳香成分を心身の不調の緩和に利用するアロマテラピー
一般的に日本ではリラクゼーションのイメージが強いですが、ヨーロッパでは医療として確立されています
(日本でも近年では臨床データも多く、効果が立証されてきています)

上の理論で分けられた体質と現状の問診で体質改善・QOL向上に役立つ芳香性分子を探る

主に上の3つを合わせ
まずは生まれ持った体質・気質を診断
そして現状、メンタル・フィジカルの状態を問診
そこから導き出した今のご自身が求める香りを導き出し、ご自身の生活スタイルの中で使いやすい形(ルームフレグランス、ボディケアオイル、バスオイル、香水など…)にクラフト作成をし生活に取り入れていただきます

こんなことも!

診断には今現在の体調の問診と、生年月日から導き出す生まれ持っての性質があります。ご本人様だけでなく、気になる人(仲良くなりたい人、どうしても相性が悪くて避けたい・対処に困る人、反抗期で対応に困っているご家族など)の生年月日も分かれば、その方の気質も割り出しより具体的な関係性向上のための対処法をアドバイスをさせていただけますよ

相手の気質や思考・行動の方向性が分かれば先手を打った対処ができる

体調はメンタルに大きく左右されます
メンタルは“香り”である程度コントロールすることができます(自分も他人も)
(もちろんメンタルだけでなく、体調も香りで変わります)

↓こんな方は一度ご自身の本来の気質・体質と今現在の状況にギャップがあり
歪みが出ているせいで体調に影響しているのかもしれませんね↓

・説明がつかないけど体調がすぐれない、パッとしない
・イライラや不調原因は分かっていても物理的に自分で状況が変えられない
・眠れない
・太った
・職場で嫌な人がいるけど付き合っていかないといけない
・体質を変えたい・・・

エレメントマトリックス、アロマ…代替療法といわれる分野でいわゆる日本で一般的な現代西洋医学ではありません。
でも現代西洋医学の白い薬に頼らずに、副作用なしで体の根本から心身ともに変わっていく実感がありますよ。

ご自身の体質が分かるだけでもこの先の生活で気を付けるべき点が見えてきます。一度体験してみてください

講座費用

1時間/2,000円(クラフト作成希望の場合、別途材料費1,000円)
2時間/2,500円(クラフト作成希望の場合、別途材料費1,000円)
※体質診断と説明がありますので2時間をおすすめします
※個人でも複数人でも可
※10名以上の場合は割引いたします、事前にご連絡ください

ご質問・受講希望のご連絡はお気軽にメールください