プチグレン

Citrus aurantium ssp. amara
ミカン科、葉、水蒸気蒸留
イタリア、パラグアイ

初めて聞いたとき、名前の印象から小さい粒…何かの種?って思った

オレンジ・ビターの葉の精油だった。。。
由来は諸説あるようで割愛

愛着も何もなかったけど、インストラクターになるにあたっての口述試験のテーマとしてお知らせを受けてから必死になって文献を漁ったのを憶えています。
そして知るにつれて“この精油すごーい、使える~”となり、今ではスタメン入りしてます

写真はミカンね。同じミカン科

柑橘類の精油はどうしても果皮からのものの印象が強いけど、ネロリという同じオレンジ・ビターの花部から採られた精油もあるし、プチグレンのように葉から採られるものもある。ミカン科、大活躍ですね。

こちらは花。ネロリの材料。いい香り♪

主要有効成分
エステル類:
 酢酸リナリル 45-55%
 アントラニル酸ジメチル 微量
モノテルペンアルコール類:
 リナロール 20-30%
 α-テルピネオール 4-10%

成分的には上記にモノテルペン炭化水素類の成分が10-20%程度入っていて、成分表はそんなに複雑じゃない。
特筆すべきは微量含まれるアントラニル酸ジメチル
これはプチグレン、マンダリンくらいにしか入っていない成分
後で触れます。

特性
(神経性の)鎮痙攣作用 ++++
神経バランス回復作用 +++
抗アドレナリン作用 +++
リラックス作用 +++
自律神経調整作用 +++
誘眠作用 +++
抗炎症作用 +++
鎮静作用 +++
抗うつ作用 +++
精神活性作用 +++
瘢痕形成作用 +++
皮膚組織再生作用 +++
抗菌・抗感染症作用 ++
健胃作用 ++

エステル類とモノテルペンアルコール類の特性がしっかり出ていますね~

そして“アントラニル酸ジメチル”の効果!
アントラニル酸ジメチルは「セロトニン性合成に関係の強い抗不安作用」を固有作用として持っています。微量だとしてもこの作用は強く現れます

セロトニンとはハッピーホルモン、幸せホルモンなんて言われたりもする脳内伝達物質のひとつです。
私たちの体温調節や睡眠などの生理機能に関わっていたり、ドーパミンやノルアドレナリンといった感情の情報をコントロールし、神経を安定させてくれる働きを持っています。
実際に“セロトニンの量を増やす”と謳った抗うつ剤が使用されているほど、このセロトニンというものは非常に強い抗不安作用を持っています。

上記の特性とアントラニル酸ジメチル、このプチグレン精油は心身のリラクゼーション目的に使うにはとっても強い味方なんです。
香りの印象も、単体で良い香り~って訳ではない(あくまで私の印象)けど、他の香りを邪魔しないタイプなので、いろいろブレンドしやすい♪

とかく人間は気付かないうちにストレスを感じ、それが体調に現れるものです。
この精油の適用例に下記のものがあります

主要適用例
自律神経失調症、化膿性ニキビ、痙攣性の咳、神経が原因の筋肉痙攣、発汗過多、興奮・動揺、不眠症、精神的疲労、頻拍、不整脈、期外収縮、胃痛、胃酸過多、月経困難症、湿疹・・・

上記、原因は神経性の疲労、ストレスなんですよね。
ストレスが緩和されれば上記の身体に現れる不調も改善されていくはず。(他の病気が原因で同じような症状が出ている場合は違うでしょうが)

なにはともあれストレスは現代社会を生きていく上で絶対になくならないもの、うまく付き合っていかなくてはならないものなので、そのコントロール力がカギを握ります。
気付かずに忍び寄るストレスは、自分でも気づかずに対処できるよう、精油を上手く使っていくのも一つの手ではないかな。

ちなみに・・・
オレンジ・ビターではないけれど同じミカン科ミカン属のコブミカンの葉、バイマクルーという食材があります。

これ、バイマクルー。コブミカンの葉

原産はタイやマレーシア
ハーブとして使われていて、トムヤムクンのあの爽やかな香りを出しているのがこのバイマクルーだそう。知らなかった~
詳しい成分は調べてないからアントラニル酸ジメチルが入っているかは不明だけど、同じミカン科ミカン属だし、こうやって食で取り入れるのは良いことよね♪
実際にコブミカンの果実はインドネシアでは“薬のミカン”という意味の名前で呼ばれていて果皮から採られる精油には強力な殺虫効果があるそうです。
そして葉には変異原物質に対して強い抗変異原性を示すことが分かっていて発がんリスクを低減させることができると考えられているそうです。興味深い。

山椒もミカン科なんですよ

まぁ、なんにしても堅苦しく考えずに、これは良い香りでさらに自分の美容と健康に良いんだ♪と思って取り入れて無駄なことは考えないのが一番!
良い香りを嗅いで美味しいと感じるものを食べて、良く寝る。
特に生活の自粛が強いられている今、知らず知らずのうちにストレスを抱え、運動不足で心と体が病んでいる方が多いです。
いま、美味しい柑橘類がスーパーにたくさん出ているので助けてもらいましょ♪

山椒の実をよく見るとブツブツしてミニミカンみたいですよね

あ、ちなみにピリリと良い香りの山椒もミカン科ですよ
美味しい食事も大切ですが、食べすぎは良くありません。特に脂っぽい食事の際には胃もたれや消化不良に良いとされる山椒を香辛料として使うのも、デザートにオレンジを食べて消化・蠕動運動促進を期待するのも良いですね。

睡眠の日(春)

眠れない…

3月13日は世界睡眠の日でした
日本には睡眠健康推進機構日本睡眠学会と共に3月18日を「春の睡眠の日」、9月3日を「秋の睡眠の日」と制定しています。
そしてその前後一週間は睡眠健康週間となっているのですが、、、

急に眠れなくなってしまった

心当たりはないわけではないんです。
季節の変わり目で寝具の仕様と気温が合わない日がままあり寝苦しく安眠できない→昼間に眠くなる→誘惑に負けて仮眠→夜元気になる
↑これ、毎年よくやる行動

若くない上に活動量が少ない人間の昼寝はただの怠慢か。。。

でも今年はちょっと違うんです
コロナウイルスの影響もあり家に閉じこもってる事が増え、、、

画面を見ると本当に目が疲れますよね~

この期間にと思い、資料作りなどをせっせとしてたりしたんですが
やっぱりPC作業ってすっごい目に負担がかかるんですよね
もともと酷いドライアイなんですが、画面を見ることによってかなりの疲労を感じます

その結果…

ちょっと目を休めるつもりでも家にいるとゴロゴロしちゃいますよねぇ~

これでも気を使って日が暮れた後はできるだけ画面を見るのは避けてるんですよ。
読書タイムを設けたりして結構この空いた時間を有効に使っているとは思うんです
で、本読んでるとまぁまぁ眠気も感じてくるんですよね、やっぱり頭動かしてるから疲れも出てくるのかな~なんて

でも

ベッドに入ると目が冴えてくる!!キラーン☆

不思議なもので、寝ようとすると目が冴えるんですよね

増える睡眠障害に苦しむ人たち

私は10年以上前、ガチガチの睡眠障害でした
毎晩(毎朝?)4時くらいまでは眠りにつけず、7時起床、昼間はもちろん働いていたので頭も体もフル活動。眠れなくて食欲が暴走して食べまくる、で胃がおかしくなって体ボロボロ…毎晩睡眠導入剤を使っても眠れることはなくストレスと不安ばかりが大きくなる…

眠れないと時間が気になって精神的に自分を追い詰めて更に眠れない負のループに巻き込まれていくのね

そんな日々から脱却できたのは
自身で変えた生活スタイルとアロマテラピーを取り入れたこと

面白いことに一度眠れるサイクルを手に入れると睡眠時間が一定になり朝から身体が軽く日中もよく動ける、頭もさえて仕事の効率も上がるし自然と健康的に痩せる。

今よく言われる睡眠負債
あれって本当に万病のもとだと思う。

眠りたい、眠りが足りない、疲れが取れない・・・
そう感じる方は、少しだけ気を付けて眠れる身体を手に入れてほしい

まずは日光浴

やっぱり人間も動物。お日様って大事♡

何より午前中(できれば早め)にちゃんと朝日を浴びること
私はまぶしいのが苦手で(重度のドライアイで光過敏)北窓愛好者なので朝日が入らない部屋だけど、それでもカーテンを開ければ明るいし、通勤する人なら駅までの道のりで陽に当たるからOKだと思う

朝日を浴びることで体が朝だと認識し、脳内伝達物質のセロトニンが分泌されます。できれば15-20分陽を浴びると良いと言われています

セロトニンは通称ハッピーホルモン
身体にスゴイ好影響を与えますが、それはまた別の機会に

セロトニンからメラトニンへ

メラトニンって聞いたことある方、いらっしゃるかと思います
松果体で分泌される睡眠を促すホルモン物質です
日本では市販されていませんが海外、特にアメリカでは市販されていて誰でも買うことができます。時差ぼけ改善などで使う方が結構いますね

セロトニンが分泌されて(朝起きて)約14時間後にメラトニンの分泌が始まり、約2時間後に最大分泌量に達すると言われています

例えば午前7時起床の方なら大体午後11時頃にメラトニン最大分泌量に達し、その頃にベッドに入れればスムーズに入眠できると言われています

これをもとに考えご自身のライフスタイルに合わせ起床・入眠時間を微調整すれば快適な安眠生活の手助けとなるんじゃないでしょうか

出来れば軽い運動 せめてストレッチ

身体を動かして多少疲労感を感じるのも大切ですよ
あと、30歳を過ぎると入眠の際に多く出ると言われている成長ホルモンはほとんど出ないと思った方が良いと最近は言われています。※もちろん個人差はありますが

筋肉を動かすことによって筋肉から成長ホルモンが分泌されることも分かっています。
身体を動かしてホルモンを分泌してしっかり眠りにつくことはなかなか良いアンチエイジングなんです

また、適度に体を動かしたりストレッチをすると血流が改善され疲労物質が流されるため、疲れが取れやすくなります。
面倒くさがらずに眠る前に軽いストレッチ、やってみましょう♪

もちろん入浴も大事

長湯・熱すぎの湯はN.G.ですよ

これもよく言われている、入浴
なんで大事かって

体温の動きが入眠のカギ

眠るには体の深部体温が下がることが大事なんです
赤ちゃんが眠る前に体が熱くなりますよね?
あれは体の内側の熱を外に放出している証拠

大人も同じなんです。
内側の熱を外に放出するためには、まず内側が暖かくなければなりません
そのために入浴をして体の内側から暖かくなるんです。
その後、その熱を放出する際に自然と眠気が来て、眠れるんですね

なので、冷え性の女性なんかは特に体の内側が冷えているとこのサイクルができないので眠りにつけない可能性もあります。
しっかり入浴をする、温かい食事で体の内側から温める事を考えましょう

お風呂は暑すぎると交感神経が刺激され、興奮状態になってしまうので、暑すぎないお湯に10分程度、じんわり額に汗がにじむくらいを目安に考えてくださいね。
同じく疲れてしますのであまり長くお湯に浸かるのも避けましょう

睡眠環境も大事!!

身体に合ったマットレスや寝具も重要!

これ大事です!

寝具!!
私は結構こだわっています

腰に疲れを感じやすいので高反発のマットレスがお気に入り
そして通気性や手入れのしやすさも購入時のポイント

寝具だけじゃなく寝室もできれば朝は朝日が入ってくると自然と体が目覚めるので窓の向きやカーテンも意外と重要
寝る前の最低1時間はテレビやコンピュータ、スマートフォンを見ないのが理想
キツい様に感じるかもしれませんが始めて見ると意外と慣れるものですよ

快適な睡眠は健康な体と思考の源だと思っています
アロマ、オイルと共に食生活と睡眠、なかなかしんどい現代社会を乗り切るために多くの人に広めていきたいな