モノテルペン炭化水素類

精油は大きくテルペン系・芳香族・脂肪族の3タイプと官能基との組み合わせによって特徴を大まかに区別出来ます

多くの精油に含まれますが樹木系・柑橘類果皮から採られる精油に特に多く含まれています
その他テルペン系を骨格に持つ芳香性分子は非常に多いためアロマテラピーの化学を学ぶ上ではとっても重要な存在です

テルペン系化合物はまず基本骨格のイソプレンを理解する必要があります

分子式はC₅H₈
分子量 12×5+1×8₌68

イソプレンは上記のように表され、通常は単独では存在せず2個以上が結合して存在しています
結合しているイソプレンの数によって名前が異なります

・モノテルペン →イソプレン×2個
  (C₅H₈)₂ → C₁₀H₁₆ 分子量 136
・セスキテルペン→イソプレン×3個
  (C₅H₈)₃ → C₁₅H₂₄ 分子量 204
・ジテルペン  →イソプレン×4個
  (C₅H₈)₄ → C₂₀H₃₂ 分子量 272

モノテルペン炭化水素類はイソプレン骨格が2つ結合していて分子量が136と小さいです。
分子量が小さいということは揮発性が高く、皮膚への浸透もしやすいと考えられます。

公表されているモノテルペン炭化水素類の主な作用
鬱滞除去作用+++
抗炎症作用+++
コーチゾン様作用+++
 (糖質コルチコイドが分泌された時と同じような働きで
 アレルギーを抑える働きがある)
抗ウイルス作用+++
抗菌作用++

多くの樹木系の精油に含まれていることから想像できるように
鬱滞除去の作用が有名です
樹木は太い幹の上の方まで、たくさんの枝の先まで根から吸い上げた水分を行き渡らせる力が必要です。
水分を押し流す力があるので、脚が、体がむくんでしまった…なんていう時に助けてくれる強い味方です!

体内の水分が滞ると老廃物が溜まってしまいます
体内の水分・血流を良くすると身体を流れる水分はいつもキレイな状態で保たれます。流れって大事ですよね

それから抗ウイルス・抗菌作用
昔からヒノキのお風呂やまな板がありますね、抗菌効果を狙ったものです
家も木造(別の理由もありますが)やタンスも桐
昔の人は樹木の持つ芳香成分も理解して使っていたんですね

モノテルペン炭化水素類に含まれる芳香分子の固有作用とその分子を含む精油の例

δ-3-カレン
 鎮咳作用
 アカマツ・ヨーロッパ、サイプレス、バルサムモミ、
 ブラックスプルース、ペッパー…

リモネン
 肝臓強壮・腎臓刺激・蠕動運動促進
 アカマツ・ヨーロッパ、フランキンセンス、リトセア、
 レモンバーベナ…

d-リモネン
 肝臓強壮・腎臓刺激・蠕動運動促進・血圧降下
 オレンジ・スィート、ベルガモット、レモン…

α-ピネン
 強壮作用
 アカマツ・ヨーロッパサイプレス、ジュニパー、
 ブラックスプルース、フランキンセンス…

β-ピネン
 強壮作用
 アカマツ・ヨーロッパ、クミン、タナセタム、ネロリ、パイン、
 バルサムモミ、ペッパー…

α-テルピネン、γ-テルピネン
 静脈強壮・鬱滞除去
 オレガノティートゥリー

p-サイメン
 鎮静作用(経皮による)
 オレガノ、クミン、タイム・チモール…

アロマテラピーを知らない方でもα-ピネンという言葉は聞いたことがある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか
よく森林浴の時に感じる成分といって紹介されることもあります
森に行ったときに感じるあの清々しい香りはα-ピネンが含まれている事が多いです。私たちは知らず知らずのうちに名前や効能は知らなくても香りは嗅いで経験しているんですね

モノテルペン炭化水素類を含む精油は本当に多い
そして全体的に癖が強くなくて使いやすく、鬱滞除去作用があるのでむくみやすい女性にはうってつけ
血液や体内の水分の滞りは万病の元だと思っているから、しっかり流れを整えるのに活用していきたい分類ですね

オレガノ

Origanum compactum
シソ科、花と茎葉、水蒸気蒸留法
モロッコ

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、活用していきたい精油のひとつ

ハーブとして有名で、知らず知らずのうちに口にしている方も多いと思う
抗寄生虫作用、抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用などが強くヨーロッパでは特に肉料理の時には欠かせないハーブとなっている

肉料理、特に煮込み系にはほぼ入っていると言っても過言ではないかも

私はイタリアで各地を巡った時、特に北の方は結構肉食なのでオレガノに触れる機会は多かった。

大体こんな乾燥した形で売られているのが一般的
あとは自宅の庭やプランターで育てられてた

市場でもスーパーマーケットでも売られていてかなり身近なハーブでみんな使いこなしていたし、その役割もみんな理解して使っていた

ラグーを作るときは必ず入れる
簡単なのに店っぽい味になって褒めてもらえるの

さて、このオレガノ、シソ科で可愛らしい花を咲かせます
葉や花を見るとシソ科だなっていうのがよくわかります。

主要有効成分
フェノール類:
 カルバクロール 20-50%
 チモール    15-25%
モノテルペン炭化水素類:
 γ-テルピネン  10-30%
 p-サイメン   10-25%

まずフェノール類だけで約50%前後を占めるので強い抗寄生虫作用が期待できます。同じく抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用、強壮・刺激作用、免疫刺激作用など。

昔は今ほど生鮮食品も鮮度が良くなかったり寄生虫がいたり…今よりお腹を崩すリスクが大きかった中、肉食文化のヨーロッパの中でオレガノが食事の中で定着したハーブの理由がよく分かりますね。

精油の特性
抗感染作用+++++
抗菌作用++++
刺激作用+++
(↑↓身体・精神・性的全てにおいて)
強壮作用+++
免疫刺激作用+++
抗寄生虫作用(内部)+++
抗ウイルス作用+++
抗真菌作用+++
抗菌作用+++
殺菌作用+++

見事に感染症対策としては欲しい特性が並んでますね

フェノール類でも十分強い抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用を持っていますが、もう一つの主要成分のモノテルペン炭化水素類にも抗ウイルス作用・抗菌作用がありますので各種感染症の予防にはうってつけですね

主要適用例
感染症の鼻の疾患++++
アレルギー性の鼻の疾患++++
気管支炎++++
流行性感冒++++
副鼻腔炎++++
感染症下痢++++
尿肝炎++++
膀胱炎+++
細菌性・ウイルス性症候群+++
神経性極度疲労+++
ニキビ+++
真菌症+++
など・・・

香りの印象は良くスパイシーでハーバル系なんて言われますが、私は特段スパイシーとは感じず、“薬品”って感じの印象。でもそこまで強い香りではないので他の好きな精油とブレンドすれば意外と日常使いできると思います

実際、新型コロナウイルスという見えない恐怖に晒されている今、オレガノとクローブ、ティートゥリー、ラベンダー・アングスティフォリアをブレンドしたオイルをマスクに付けてウイルス対策をしています。
花粉症で鼻の通りが悪い方はブレンドを変えてベースはオレガノとクローブのまま、ユーカリ・グロブルスやラヴィンツァラを加えるのも良いと思います。

精油はウイルスのエンベロープに作用し無能化する効果があると認められています

あとは、精油でなくとも、ハーブウォーターでもしっかり効果が認められています。(精油とは違い親水性の芳香分子が溶け込んでいるので認められている特性などは精油と違います)

ハーブウォーターはお肌に近いpHで低刺激、原液で使えます

特に女性、ストレスなどでデリケートゾーンが荒れてしまったり、痒くなったり…そういった時はオイルでは刺激が強すぎる場合があるのでウォーターを使ってケアするのもとっても効果的です。
ニキビ症の方もお風呂上りにクローブウォーターをまずお顔にかけてからいつものスキンケアをしていただくと抗菌作用でニキビケアにもなります(ニキビの原因にもよりますので、できれば皮膚科で早めに診てもらってくださいね)

また、精油が手元にない方も、ブレンドするのが面倒な方も、オレガノは食べられるハーブでもあるので、精油でなくてもお料理に入れることで体に取り入れられます。

基本的にどんなハーブも体に良い物ばかり。いろいろ取り入れてくださいね

直接体の中に取り入れることによってお腹の中から免疫向上!
お腹の調子が良ければ各種感染症にもかかりにくいんですよ
後は精油を植物油とブレンドした錠剤も売られています。感染症対策に定期的に服用されている方もいらっしゃり、こちらも便利(薬ではなくサプリメントなので健康補助食品として摂取できます)

それぞれのライフスタイルに合った方法で是非とりいれてみてくださいね

新型ウィルス

年明けから騒がれている新型肺炎ウイルスがCOVID-19と名付けられましたね
日本でもジワジワと感染者・発症者が増える中、ワクチンが無い、対処法が分からない恐怖でマスクが品薄となり、私もどう予防してよいものか考えていました。

先日、末端冷え性の改善とウイルス対策でシナモン・カッシア精油をブレンドしたボディ・ハンドケアオイルは使っていますが、今回あらたにマスクに付けるマスク用ウイルス対策の精油をブレンドしました。

マスクに付着するウイルスに対して抗ウイルス作用のあるティートゥリーやクローブ、オレガノ、それから香りの調整にラベンダー・アングスティフォリアをオイルに50%濃度でブレンド

マスクに対する抗ウィルス作用だけでなく、精油を吸い込むので呼吸器にも作用して一石二鳥♡

私は抗ウイルス効果を優先したけど、この時期風邪や花粉症などで鼻詰まりの方はミント系の抗カタル作用のある精油をブレンドするのも良いですね

ところで、毎日いろんなマスク姿の方をお見掛けしますが、ほとんどの方が正しくマスクが付けられていません
これではマスクを買って付けている意味が半減

マスクの種類にもよりますが基本的に本体は耳にかけるゴムが接着されている面を外側にして装着します。
端を上からゴムで抑えることになるので密着度が増します

そしてワイヤー入りのマスクはしっかりワイヤーを折って装着し、顔の凹凸に合わせワイヤーの形を変えて密着させることがポイント

最後に顎もしっかりと覆い、装着時は無暗やたらとマスクを触らないことが大切です。

もちろん鼻が出ている、耳にだけかけてマスクを顎にしている、時々外して会話をしたりおやつを食べたりなど、もっての外!マスクの意味なし
一度外したマスクを付け直すのもN.G!

どうせ着用するなら効果的にしないとマスク代が無駄ですよ、もったいない

マスク用の精油ブレンドのほかに、マヌカハニーも買い足しました

私は喉が弱く、むかし溶結性連鎖球菌に感染したときに処方された抗生物質で菌が死にきらなかったらしく、保菌状態とのことで少しでも体力が落ちたり乾燥したりするとすぐに喉が腫れるんです。

喉が腫れるとそのあと熱が出て結局寝込んでしまうので、いかにのどの炎症を起こさせないかの予防が毎日快適に暮らすカギなんです

それもあって蜂蜜が大好き
体にも良いし太りにくい!喉にも良い、そして美味しい♡

その中でもここ数年ずっと人気のマヌカハニー
オーストラリアのフトモモ科の木の蜂蜜でマヌカハニーにしか含まれていない成分をもっています
それが Unique Manuka Facter
マヌカハニーが持つ殺菌力をフェノール溶液濃度と比較し同じ効果を表す濃度を数値で表したものがUMF
(近年では誤差の大きい測定方法とも言われているようです)

ただ私は今回UMFではなくMGO514+という表示のものを購入しました
ややこしいですね。何この違い、統一してよ。。。

MGOとはメチルグリオキサール(Methyl Gly Oxal) の頭文字をとったもの
マヌカハニーの抗菌作用を表す数値の一番ポピュラーなものです
マヌカハニー1㎏に対して何㎎のメチルグリオキサールが入っているかが表記してあります。
ということは、私が買ったのは1㎏あたり514㎎のメチルグリオキサールが入っているということ。

MGO514+はUMFで表示するとUMF15+相当
十分な抗菌活性が認められるレベル。毎日の摂取で風邪やウイルス対策にも使えます
当然数値が低いと殺菌作用が低いので数値が低いほど対策というよりも栄養補給や健康維持のための利用といった感じになります。

しかし何よりの健康対策は規則正しい生活と栄養・睡眠を十分にとりできるだけストレスを溜めないこと。薬や何かのスーパーフードに頼らない生活が大切ですよ

シナモン・カッシア

Cinnamum cassia
クスノキ科、葉付き小枝、水蒸気蒸留
ベトナム・中国

小さい頃、好きじゃなかったなぁ…この香り
甘いと思わせて結構スパイシーで何よりもその強さ、鼻から香りが離れなくて子供のころは嫌だったなぁ

今でも得意じゃなくてシナモンロールやクリスマス時期のシナモンジンジャークッキー、シナモン入りのアップルパイは結構避けてる
でも、女性は結構好きな方多い印象。あれだけたくさんのシナモンスイーツがあるくらいだから。

好きな女性が多いのも少し頷けるのは、約80%前後含まれるケイ皮アルデヒドには加温効果があり、精油全体の特性として血液流動促進作用があり冷え性改善に使用されたりする精油なので、無意識的に求める・好きと感じる方が多いのかも。女性は冷えている方、多いですからね。

主要有効成分
芳香族アルデヒド類:ケイ皮アルデヒド 75-90%
エステル類:酢酸シンナミル tr.-15%
ラクトン類:クマリン類:クマリン tr.-10%

似た精油にシナモン(樹皮)というのがあるけど、名前の通りこれは樹皮から抽出された精油で、成分が少し違います
後は葉から抽出された精油もあります。面倒ですね。でもそれぞれに成分が違うのでより目的に合ったものを選んで使えるのは利点ですよね。
また、抽出部位が違えば成分が違う、成分が違えば同じ植物でも分けて考えねば。というのはケモタイプの考え方の一つ。


特徴的なのはシナモン・カッシアの方には少しだけどクマリンが含まれていること。クマリンは桜の香りとして有名な芳香成分。桜餅の香りと思えば想像がつきやすいです。
そして抗ウィルス作用での適用例が一番多いのもシナモン・カッシア
熱帯性の感染症(コレラ・チフス・マラリア・赤痢)など、ほかの精油では効果が難しい疾患にも適しているとのこと。これは多く含んでいる芳香族アルデヒドがフェノール類と並んで非常に強力な抗ウィルス・抗菌・抗真菌作用を持っているから

特性・適用例
抗菌作用(他の精油と比べてトップレベル)
抗感染作用、抗真菌作用、抗寄生虫作用(内部)、抗ウィルス作用、発酵抑制作用(胃や腸などで細菌による発酵を抑制)
強壮・刺激作用(身体的・精神的・性的)、充血作用、免疫刺激作用、催淫作用
血液凝固阻止作用、血液流動促進作用、通経作用、子宮収縮作用、呼吸器刺激作用、神経刺激作用

とにかく上記、見るだけで強そうな精油ってのが伝わりますよね
私は以前、冷え性対策のボディオイルを作ろうとシナモン・カッシアの精油を買ったものの、香りが強すぎて、そして元々好みの香りじゃないので使いづらくて何とか消費するためにコットンに数滴たらして靴箱に入れていました。
シューズクローゼットや靴箱にはティートゥリーが使われるのをよく聞きますが、ティーツリーは使い道がたくさんあってすぐに消費するタイプの精油なので消費期限が過ぎているとかではない限り、部屋の空気やスキンケアのために使いたいところです。
香りもミドルノートで結構長持ちするのでなかなか良かったような気がしています(箱を開けた時のシナモンの香りは本来好みではない私からするとそんなに嬉しくないですが、靴に香りが付くわけではないのでOKとしました)

特性・適用例
あらゆる種類・場所の感染症(呼吸器・気管支炎・重い流行性感冒)
膀胱炎・尿道円・白帯下性膣炎・ニキビ・ヨウ・皮膚真菌症
寄生虫疾患・マラリア・下痢・チフス・アメーバ症・赤痢
白帯下・揮発性月経・インポテンス・無気力・鬱
歯肉炎・膿漏・膿瘍・
極度の疲労・ダイエット・肥満など・・・

やはり強い抗菌・抗真菌・抗寄生虫・抗ウィルス・抗感染症の特性を持っているので皮膚や粘膜の抗菌に期待できますね
今、新型コロナウィルスが話題ですが私はマスクはしていませんしこの先も風邪などひかない限りはしないと思います。
その代わりといってはなんですが、シナモン・カッシア精油を調合したコメヌカ油をハンドケア、フェイスケア、ボディケアと体のいろんな部分に使っています。
気管支などへの影響も考え、温まって血液流動促進作用も効果を発揮しますし全身から精油を取り込めるのでこの時期はバスオイルとして使うのも効果的ですね。ついでにお風呂の防カビ効果にもなります♪

ただ、禁忌事項があります
ケイ皮アルデヒドは皮膚刺激が強く皮膚を荒らす危険があるので10%以下に希釈して、広範囲に使用しないでください。
子宮や皮膚への影響を考えて妊婦さんは使用しないでください

結構しっかりとした香りで好き嫌いは別れそうですが冬に使うのが特に良い精油だと思います、みなさん使ってみては?

ティートゥリー

Malaleuca alternifolia
フトモモ科、葉、水蒸気蒸留
オーストラリア、ザンビア、南アフリカ共和国

今年は新型コロナウィルスの流行で心配をされている方も多いですね
私も人と会う事が多いですし電車にも乗るので毎日不特定多数の人と接触する日々です。新型ウィルスでなくてもこの時期インフルエンザや溶連菌など注意が必要です

精油の中で感染症予防といえば多くの方がティートゥリーを思い浮かべると思います。
アロマテラピーをする方ではどれか1本だけ精油を選ぶならラベンダー・アングスティフォリアかティートゥリーが断トツの人気だそうです。

実は私はあまり好きな香りではないと感じていましたがその効能ゆえ使い続けていたら慣れたのかだんだん好きになってきました

主要有効成分
モノテルペン炭化水素類
 γ-テルピネン 15-25%
 α-テルピネン 5-15%
モノテルペンアルコール類
 テルピネン-4-オール 34-45%

抗菌作用、抗ウィルス作用を持つモノテルペンアルコール類、モノテルペン炭化水素類、酸化物類が含まれているので全体的に広範囲の感染症に効果が期待できますね。またモノテルペンアルコール類などの強壮作用により免疫向上に効果が期待できるそう。
テルピネン-4-オールには精神面で副交感神経の強壮効果があるといわれているので風邪などの症状が出てしまった後でも回復のために使用するのも良いと思います。

精油の特性・適用
抗菌・殺菌作用/細菌・大腸菌・連鎖球菌・プロテウス菌属・カンジダ菌・ブドウ球菌など
抗ウィルス作用・抗真菌作用・抗寄生虫作用・免疫調整作用・神経強壮作用・衰弱(無力症)回復作用・放射線からの皮膚保護作用・皮膚の抗炎症作用など

冬など感染症対策に使う事も多いですが、私は急に皮膚にデキモノが出来てしまったときや虫刺されの時、またプールや温泉に行った後の自宅での入浴の際に入浴剤として使ったりしています。

女性に多い膀胱炎の際も座浴に使ったりするのもオススメらしいです。
禁忌事項のない精油で部分的・少量であれば原液使用も可能ですので安心して使える精油の一種でお湯に1滴たらして毎日うがいをするのも感染症予防に効果的ですね。
安全な部類ですが注意事項として3歳未満の乳幼児や敏感肌の方は10%以下に希釈して使用することが望ましいとされていますので、該当の方はご注意ください。

香りはフトモモ科だけあってユーカリに似たフレッシュな感じでその中に少しスパイシーさもあります。最初は薬臭い印象でしたが慣れると爽やかに感じるようになりました。
トップノートで癖がないのでルームフレグランスや化粧品に使うのもよさそうですね。私はトイレの消臭剤代わりに季節毎に他の精油とブレンドして使っています。

賢く使ってこの冬を健康に乗り越えたいですね♪