プチグレン

Citrus aurantium ssp. amara
ミカン科、葉、水蒸気蒸留
イタリア、パラグアイ

初めて聞いたとき、名前の印象から小さい粒…何かの種?って思った

オレンジ・ビターの葉の精油だった。。。
由来は諸説あるようで割愛

愛着も何もなかったけど、インストラクターになるにあたっての口述試験のテーマとしてお知らせを受けてから必死になって文献を漁ったのを憶えています。
そして知るにつれて“この精油すごーい、使える~”となり、今ではスタメン入りしてます

写真はミカンね。同じミカン科

柑橘類の精油はどうしても果皮からのものの印象が強いけど、ネロリという同じオレンジ・ビターの花部から採られた精油もあるし、プチグレンのように葉から採られるものもある。ミカン科、大活躍ですね。

こちらは花。ネロリの材料。いい香り♪

主要有効成分
エステル類:
 酢酸リナリル 45-55%
 アントラニル酸ジメチル 微量
モノテルペンアルコール類:
 リナロール 20-30%
 α-テルピネオール 4-10%

成分的には上記にモノテルペン炭化水素類の成分が10-20%程度入っていて、成分表はそんなに複雑じゃない。
特筆すべきは微量含まれるアントラニル酸ジメチル
これはプチグレン、マンダリンくらいにしか入っていない成分
後で触れます。

特性
(神経性の)鎮痙攣作用 ++++
神経バランス回復作用 +++
抗アドレナリン作用 +++
リラックス作用 +++
自律神経調整作用 +++
誘眠作用 +++
抗炎症作用 +++
鎮静作用 +++
抗うつ作用 +++
精神活性作用 +++
瘢痕形成作用 +++
皮膚組織再生作用 +++
抗菌・抗感染症作用 ++
健胃作用 ++

エステル類とモノテルペンアルコール類の特性がしっかり出ていますね~

そして“アントラニル酸ジメチル”の効果!
アントラニル酸ジメチルは「セロトニン性合成に関係の強い抗不安作用」を固有作用として持っています。微量だとしてもこの作用は強く現れます

セロトニンとはハッピーホルモン、幸せホルモンなんて言われたりもする脳内伝達物質のひとつです。
私たちの体温調節や睡眠などの生理機能に関わっていたり、ドーパミンやノルアドレナリンといった感情の情報をコントロールし、神経を安定させてくれる働きを持っています。
実際に“セロトニンの量を増やす”と謳った抗うつ剤が使用されているほど、このセロトニンというものは非常に強い抗不安作用を持っています。

上記の特性とアントラニル酸ジメチル、このプチグレン精油は心身のリラクゼーション目的に使うにはとっても強い味方なんです。
香りの印象も、単体で良い香り~って訳ではない(あくまで私の印象)けど、他の香りを邪魔しないタイプなので、いろいろブレンドしやすい♪

とかく人間は気付かないうちにストレスを感じ、それが体調に現れるものです。
この精油の適用例に下記のものがあります

主要適用例
自律神経失調症、化膿性ニキビ、痙攣性の咳、神経が原因の筋肉痙攣、発汗過多、興奮・動揺、不眠症、精神的疲労、頻拍、不整脈、期外収縮、胃痛、胃酸過多、月経困難症、湿疹・・・

上記、原因は神経性の疲労、ストレスなんですよね。
ストレスが緩和されれば上記の身体に現れる不調も改善されていくはず。(他の病気が原因で同じような症状が出ている場合は違うでしょうが)

なにはともあれストレスは現代社会を生きていく上で絶対になくならないもの、うまく付き合っていかなくてはならないものなので、そのコントロール力がカギを握ります。
気付かずに忍び寄るストレスは、自分でも気づかずに対処できるよう、精油を上手く使っていくのも一つの手ではないかな。

ちなみに・・・
オレンジ・ビターではないけれど同じミカン科ミカン属のコブミカンの葉、バイマクルーという食材があります。

これ、バイマクルー。コブミカンの葉

原産はタイやマレーシア
ハーブとして使われていて、トムヤムクンのあの爽やかな香りを出しているのがこのバイマクルーだそう。知らなかった~
詳しい成分は調べてないからアントラニル酸ジメチルが入っているかは不明だけど、同じミカン科ミカン属だし、こうやって食で取り入れるのは良いことよね♪
実際にコブミカンの果実はインドネシアでは“薬のミカン”という意味の名前で呼ばれていて果皮から採られる精油には強力な殺虫効果があるそうです。
そして葉には変異原物質に対して強い抗変異原性を示すことが分かっていて発がんリスクを低減させることができると考えられているそうです。興味深い。

山椒もミカン科なんですよ

まぁ、なんにしても堅苦しく考えずに、これは良い香りでさらに自分の美容と健康に良いんだ♪と思って取り入れて無駄なことは考えないのが一番!
良い香りを嗅いで美味しいと感じるものを食べて、良く寝る。
特に生活の自粛が強いられている今、知らず知らずのうちにストレスを抱え、運動不足で心と体が病んでいる方が多いです。
いま、美味しい柑橘類がスーパーにたくさん出ているので助けてもらいましょ♪

山椒の実をよく見るとブツブツしてミニミカンみたいですよね

あ、ちなみにピリリと良い香りの山椒もミカン科ですよ
美味しい食事も大切ですが、食べすぎは良くありません。特に脂っぽい食事の際には胃もたれや消化不良に良いとされる山椒を香辛料として使うのも、デザートにオレンジを食べて消化・蠕動運動促進を期待するのも良いですね。

オレガノ

Origanum compactum
シソ科、花と茎葉、水蒸気蒸留法
モロッコ

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、活用していきたい精油のひとつ

ハーブとして有名で、知らず知らずのうちに口にしている方も多いと思う
抗寄生虫作用、抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用などが強くヨーロッパでは特に肉料理の時には欠かせないハーブとなっている

肉料理、特に煮込み系にはほぼ入っていると言っても過言ではないかも

私はイタリアで各地を巡った時、特に北の方は結構肉食なのでオレガノに触れる機会は多かった。

大体こんな乾燥した形で売られているのが一般的
あとは自宅の庭やプランターで育てられてた

市場でもスーパーマーケットでも売られていてかなり身近なハーブでみんな使いこなしていたし、その役割もみんな理解して使っていた

ラグーを作るときは必ず入れる
簡単なのに店っぽい味になって褒めてもらえるの

さて、このオレガノ、シソ科で可愛らしい花を咲かせます
葉や花を見るとシソ科だなっていうのがよくわかります。

主要有効成分
フェノール類:
 カルバクロール 20-50%
 チモール    15-25%
モノテルペン炭化水素類:
 γ-テルピネン  10-30%
 p-サイメン   10-25%

まずフェノール類だけで約50%前後を占めるので強い抗寄生虫作用が期待できます。同じく抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用、強壮・刺激作用、免疫刺激作用など。

昔は今ほど生鮮食品も鮮度が良くなかったり寄生虫がいたり…今よりお腹を崩すリスクが大きかった中、肉食文化のヨーロッパの中でオレガノが食事の中で定着したハーブの理由がよく分かりますね。

精油の特性
抗感染作用+++++
抗菌作用++++
刺激作用+++
(↑↓身体・精神・性的全てにおいて)
強壮作用+++
免疫刺激作用+++
抗寄生虫作用(内部)+++
抗ウイルス作用+++
抗真菌作用+++
抗菌作用+++
殺菌作用+++

見事に感染症対策としては欲しい特性が並んでますね

フェノール類でも十分強い抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用を持っていますが、もう一つの主要成分のモノテルペン炭化水素類にも抗ウイルス作用・抗菌作用がありますので各種感染症の予防にはうってつけですね

主要適用例
感染症の鼻の疾患++++
アレルギー性の鼻の疾患++++
気管支炎++++
流行性感冒++++
副鼻腔炎++++
感染症下痢++++
尿肝炎++++
膀胱炎+++
細菌性・ウイルス性症候群+++
神経性極度疲労+++
ニキビ+++
真菌症+++
など・・・

香りの印象は良くスパイシーでハーバル系なんて言われますが、私は特段スパイシーとは感じず、“薬品”って感じの印象。でもそこまで強い香りではないので他の好きな精油とブレンドすれば意外と日常使いできると思います

実際、新型コロナウイルスという見えない恐怖に晒されている今、オレガノとクローブ、ティートゥリー、ラベンダー・アングスティフォリアをブレンドしたオイルをマスクに付けてウイルス対策をしています。
花粉症で鼻の通りが悪い方はブレンドを変えてベースはオレガノとクローブのまま、ユーカリ・グロブルスやラヴィンツァラを加えるのも良いと思います。

精油はウイルスのエンベロープに作用し無能化する効果があると認められています

あとは、精油でなくとも、ハーブウォーターでもしっかり効果が認められています。(精油とは違い親水性の芳香分子が溶け込んでいるので認められている特性などは精油と違います)

ハーブウォーターはお肌に近いpHで低刺激、原液で使えます

特に女性、ストレスなどでデリケートゾーンが荒れてしまったり、痒くなったり…そういった時はオイルでは刺激が強すぎる場合があるのでウォーターを使ってケアするのもとっても効果的です。
ニキビ症の方もお風呂上りにクローブウォーターをまずお顔にかけてからいつものスキンケアをしていただくと抗菌作用でニキビケアにもなります(ニキビの原因にもよりますので、できれば皮膚科で早めに診てもらってくださいね)

また、精油が手元にない方も、ブレンドするのが面倒な方も、オレガノは食べられるハーブでもあるので、精油でなくてもお料理に入れることで体に取り入れられます。

基本的にどんなハーブも体に良い物ばかり。いろいろ取り入れてくださいね

直接体の中に取り入れることによってお腹の中から免疫向上!
お腹の調子が良ければ各種感染症にもかかりにくいんですよ
後は精油を植物油とブレンドした錠剤も売られています。感染症対策に定期的に服用されている方もいらっしゃり、こちらも便利(薬ではなくサプリメントなので健康補助食品として摂取できます)

それぞれのライフスタイルに合った方法で是非とりいれてみてくださいね

新型ウィルス

年明けから騒がれている新型肺炎ウイルスがCOVID-19と名付けられましたね
日本でもジワジワと感染者・発症者が増える中、ワクチンが無い、対処法が分からない恐怖でマスクが品薄となり、私もどう予防してよいものか考えていました。

先日、末端冷え性の改善とウイルス対策でシナモン・カッシア精油をブレンドしたボディ・ハンドケアオイルは使っていますが、今回あらたにマスクに付けるマスク用ウイルス対策の精油をブレンドしました。

マスクに付着するウイルスに対して抗ウイルス作用のあるティートゥリーやクローブ、オレガノ、それから香りの調整にラベンダー・アングスティフォリアをオイルに50%濃度でブレンド

マスクに対する抗ウィルス作用だけでなく、精油を吸い込むので呼吸器にも作用して一石二鳥♡

私は抗ウイルス効果を優先したけど、この時期風邪や花粉症などで鼻詰まりの方はミント系の抗カタル作用のある精油をブレンドするのも良いですね

ところで、毎日いろんなマスク姿の方をお見掛けしますが、ほとんどの方が正しくマスクが付けられていません
これではマスクを買って付けている意味が半減

マスクの種類にもよりますが基本的に本体は耳にかけるゴムが接着されている面を外側にして装着します。
端を上からゴムで抑えることになるので密着度が増します

そしてワイヤー入りのマスクはしっかりワイヤーを折って装着し、顔の凹凸に合わせワイヤーの形を変えて密着させることがポイント

最後に顎もしっかりと覆い、装着時は無暗やたらとマスクを触らないことが大切です。

もちろん鼻が出ている、耳にだけかけてマスクを顎にしている、時々外して会話をしたりおやつを食べたりなど、もっての外!マスクの意味なし
一度外したマスクを付け直すのもN.G!

どうせ着用するなら効果的にしないとマスク代が無駄ですよ、もったいない

マスク用の精油ブレンドのほかに、マヌカハニーも買い足しました

私は喉が弱く、むかし溶結性連鎖球菌に感染したときに処方された抗生物質で菌が死にきらなかったらしく、保菌状態とのことで少しでも体力が落ちたり乾燥したりするとすぐに喉が腫れるんです。

喉が腫れるとそのあと熱が出て結局寝込んでしまうので、いかにのどの炎症を起こさせないかの予防が毎日快適に暮らすカギなんです

それもあって蜂蜜が大好き
体にも良いし太りにくい!喉にも良い、そして美味しい♡

その中でもここ数年ずっと人気のマヌカハニー
オーストラリアのフトモモ科の木の蜂蜜でマヌカハニーにしか含まれていない成分をもっています
それが Unique Manuka Facter
マヌカハニーが持つ殺菌力をフェノール溶液濃度と比較し同じ効果を表す濃度を数値で表したものがUMF
(近年では誤差の大きい測定方法とも言われているようです)

ただ私は今回UMFではなくMGO514+という表示のものを購入しました
ややこしいですね。何この違い、統一してよ。。。

MGOとはメチルグリオキサール(Methyl Gly Oxal) の頭文字をとったもの
マヌカハニーの抗菌作用を表す数値の一番ポピュラーなものです
マヌカハニー1㎏に対して何㎎のメチルグリオキサールが入っているかが表記してあります。
ということは、私が買ったのは1㎏あたり514㎎のメチルグリオキサールが入っているということ。

MGO514+はUMFで表示するとUMF15+相当
十分な抗菌活性が認められるレベル。毎日の摂取で風邪やウイルス対策にも使えます
当然数値が低いと殺菌作用が低いので数値が低いほど対策というよりも栄養補給や健康維持のための利用といった感じになります。

しかし何よりの健康対策は規則正しい生活と栄養・睡眠を十分にとりできるだけストレスを溜めないこと。薬や何かのスーパーフードに頼らない生活が大切ですよ