かぶ

私の大好きな野菜、カブ

根も葉も美味しくて栄養も豊富なカブをご紹介

カブはアブラナ科の野菜でキャベツやブロッコリー、小松菜などと同じ仲間です。なんとなく似たような味っていうのが分かりますよね。
私はこのアブラナ科の野菜が大好きなんです

特徴的なのは味でもわかるちょっとした辛味、これはイソチオシアネートという成分。消化機能を高めてくれるのと、殺菌効果もあるといわれています。
それより有名なのがイソチオシアネートは発がん物質の毒性を解毒・排出する作用がありがん予防に効果があるといわれています。また免疫力を高めてくれてがんだけでなく多方面に予防をする力をつけてくれます。

根にはカリウム、ビタミンC、食物繊維

カリウムはむくみ予防によく知られた成分ですね、ビタミンCも食物繊維も。

特筆すべきはジアスターゼが含まれていること
デンプンを分解する酵素で消化を助け胃もたれや胸やけの防止になります。
(私は食べすぎてよくお腹を壊します。このジアスターゼは結構強力なんです)
酵素ですので加熱すると力を失くしてしまいます。この分解酵素の力が欲しい場合は生で食べることをお勧めします
カブは生でもサラダにして美味しくいただけますが、ドレッシングなどでカロリーを摂りたくない方は大根にも同じジアスターゼが含まれていますので大根おろしを食べるのも良いですね

葉にはβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維

β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用がありがん予防やアンチエイジングに期待ができます。カルシウムもしっかり入っていますので日常的に食べて骨粗鬆症の予防にもしたいところですね

また鉄分や食物繊維も豊富ですので貧血や便秘予防など日常的な不調に対応するために積極的に摂りたい野菜の一つと言っていいと思います。

根の部分は煮物にすることが多いですが、味もしみやすくてお料理初心者でも大根に比べて簡単に美味しく仕上がります。

今回は葉の活用のご紹介
今夜は鮭の身と併せてチャーハンにしました

カブの葉だけだと苦みが前面に出てしまうので脂を含んだ食材と一緒にするのがオススメです。豚ミンチを使う事が多かったですが鮭は脂がのっていてオメガ3を摂るのにも有効的です。
焼いた鮭をほぐしながら刻んだ葉とご飯と一緒に炒めるだけ。味付けも鮭に塩味があるので少しの塩と胡椒だけで十分美味しいです。

時間も費用もかからず美味しく美容に良いメニュー
もっとみんなカブを活用してほしいなぁ

牡蠣

冬は美味しい牡蠣の季節ですよね
早くしなければ…と思いながら2年近く冷凍庫で出番を待っていた牡蠣1㎏

今回ようやく重い腰を上げて牡蠣の調理に取りかかりました

弟が広島に転勤していたころに送ってくれた牡蠣…
一人暮らしのお姉ちゃんには多すぎるんだよ~とは言えず有難く受け取り
どうやって食べようか考えているうちに2年近くも経ってしまったことは
彼には言えない…

有難いことに2年近く保存していたとは思えないほどおいしい状態を
保っていてくれました。すぐに食べればどれだけおいしかったんだろう

牡蠣といえば“海のミルク”とも呼ばれるほど栄養豊富、生で食べれば
本当にミルキーで美味しさ満点

主要な栄養素を書き出すと、まずは豊富なミネラル類
鉄や銅が含まれ貧血予防に効果的、特に鉄分は体内に吸収されやすいヘム鉄という形で存在し、効率よく摂取できます
そして必須ミネラルの亜鉛!不足しがちなミネラルで、足りないと味覚障害になることは有名ですね

牡蠣の糖質の半分以上は効率よくエネルギーに代わるグリコーゲンで肝臓の機能を高め疲労回復を助け筋肉や脳の働きを活発にしてくれます。
肝機能が高まると解毒作用も高まるのでお酒を飲む方にも良いですね

またタウリンも非常に豊富に含まれています。
ファイト一発のアレにも配合されている位スタミナ増強・疲労回復効果があり、乳酸の増加も防いでくれます
また、胆汁酸の分泌も促しコレステロールの上昇を抑える作用や、眼精疲労・視力の衰えを回復させる効果もあるそうです

また多くのアミノ酸類も豊富に含まれているので疲れた時、スポーツをする方、体力のない女性など積極的に摂ると良い食材ですね

今回は1㎏と量が多く少し日持ちをさせたいので佃煮風にしてみました
毎食少しづつ食べてこの冬を乗り切ろうと思います。
(最近目が霞むので少しでも効果があるといいなぁ…)